【マレーシア】ホットドック改名命じられ国民困惑

10月18日、宗教の権限を持つマレーシア政府がムスリム国家(イスラム教を信仰する国)としてホットドック(hotdogs)の改名を国全体に命じた。犬(dog)はイスラム教では不潔な生き物として扱われ口にする物の名前に相応しくないという理由だが、ここ近年では海外から来るムスリムの旅行者からのクレームが多いいのが決断に至った原因だ。多民族・宗教国家のマレーシアでは色んな意見が出ていてNazri文化観光大臣は「私はムスリムだが1度も嫌な思いをしたことはない、馬鹿げている、今ホットドックを食べたい気分だ(笑)」と述べた。

今一度新商品のネーミングがハラーム(イスラム教に反すること)になっていないか気をつけたい所だ。

関連ニュース