タイ、マレーシア、シンガポールを繋げる高速鉄道は実現するか

11月23日タイランドの交通大臣がマレーシアの首都(クアラルンプール)とタイランドの首都(バンコク)を繋げる高速鉄道事業についてマレーシアの交通大臣と会談をすると述べた。

バンコクからマレーシアまでで1,400キロある。その半分以上がタイを走る路線となる。また、時速としては最速250km/hの予定だ。バンコクからマレーシアまでは5、6時間かかるイメージである。

クアラルンプールからシンガポールのこうそくてつどうけいかくも進行している中、マレーシアはこの2つの路線のアクセスを容易にして繋げたい意向もある。

関連ニュース