マレーシア統計部署の発表によると外国直接投資21.9%アップ

マレーシア統計部署が28日に2015年の外国直接投資FDIの資料を出した。
2014年に比べ2015年はFDIの総額が21.91%アップ、1兆850億円(RM43.4billion)となったことを明かした。
投資先を地域別で見ると、アジア64.7%,アメリカ16.4%,ヨーロッパ14.1%、となった。アジアの中でも日本とシンガポールの割合が高い結果である。

関連ニュース