マレーシア6月の爆発事件をイスラム国関与テロと確認

マレーシア警察は6月28日に発生した爆発事件をイスラム国(IS)が関与したと発表した。当局によると実行犯が手りゅう弾をバーに投げ込み8人が重軽傷を負ったと言う。
マレーシアでISが関与するテロが起きたのは初めてだ。

当時、地元警察はテロの可能性を否定していただけに住民は驚きを隠せない。

容疑者2名を逮捕し背景を調べたところ、マレーシア出身でシリアに滞在するISテロリストが指示していたことが判明した。現在は他の容疑者の捜索もしている。

関連ニュース