11月19日市内にてマレーシア首相に対し大規模デモ

11月19日、クアラルンプール市内は黄色の服を着た4万人の国民がデモを行った。それに対し同時に赤い服を着た首相支持派の国民も5000人ほどデモを市内にて声を上げていた。

マレーシアの景気が落ち着いてきてなだらかになっている中ナジブ首相の資金流用問題が国民に反感を買ったのが続いてデモにもつながっている。

*画像は朝9時頃に市内に行こうとする集団

関連ニュース