KL−シンガポール間高速鉄道2027年に商業運転開始か

クアラルンプールーシンガポール間を結ぶ高速輸送システム(HSR)が2027年に商業運転を開始する見通しであることが明らかになった。

マレーシア政府とシンガポール政府は3年に渡りHSRに関する交渉を行ってきた。2018年、2019年に建設を開始し試運転を経て実際に商業運転が可能となるには7年以上かかるとのお意見が多く出ていることから、2027年の商業運転開始をいうのがより現実的な目標だという。

ナジブ・ラザク首相はHSRプロジェクトに関して、年内にもシンガポールとの間で二国間の合意に基づく契約が結ばれるとの見通しを示している。

関連ニュース